TOP

就活生を支援するためのサイトです。

新入社員とスキル

新卒で入社する新入社員は、学問に関する知識はあったとしても実務に関する知識は全くありません。そのため仕事をしてもらうためには新入社員研修を行って、仕事を覚えてもらう必要があります。仕事内容によって必要とされるスキルは異なりますので、業種等によってある程度研修内容は変化させなければなりませんが、中にはビジネスマナーなどの、どのような仕事をするにしても必要となるスキルはあります。そういったスキルに関しては、新入社員を全員まとめて研修したり、また外部委託で研修を専門に行っている企業に人材育成を任せることもあります。実際に現場に入り仕事をするようになるまで、1年間の研修を積ませる企業もあれば、研修はすぐに終わらせる企業もあります。企業によって研修の内容も期間もそれぞれ変わってきますので、就職活動をしている方は新入社員研修を一つの基準にして活動をしてみるのも良いでしょう。OJTの方が良いという人も中にはいるのではないでしょうか?

キャリアセンターの活用方法

就職活動を始めなければならないが、何から始めれば良いか分からないという方は、まずは各学校に設置されているキャリアセンター(就職支援室)へ足を運ぶことをお勧めします。キャリアセンターを活用するメリットは、各学校にしか来ない求人も集まっている点にあります。合同説明会などの一般的な企業情報収集の場では多くの企業が参加することになりますが、その分競争率が激しいというデメリットもあります。しかしキャリアセンターに集まっている求人はその学校出身の人材を求めているケースが多いため、入社しやすいという特徴を持っています。またキャリアセンターでは面接の練習やエントリーシートの書き方を教えてくれたり、志望動機の添削をしてくれたりと、就職活動をサポートしてくれますので意欲的に活用していくようにしましょう。一人では成果が上がらないこともありますが、手助けをしてくれると効率も上がり、より成功率が向上することになります。


第二新卒を採用するメリット

学校を卒業してからは社会に出て働くことになりますが、何らかの理由によってすぐに仕事を辞めてしまう人も多いです。とある調査によれば、およそ30%の人が就職してから3年以内に離職してしまうようです。彼らは第二新卒と呼ばれており、最近では彼らを採用しようとする動きも出てきています。企業が第二新卒を魅力として捉える理由は2つあります。まず1つ目は一通りのビジネスマナーは習得しているという点です。新卒を採用した場合にはマナーから教育していく必要がありますが、第二新卒の場合には既にそれらのスキルは習得済みであるため、新たに教える手間が省くことが可能となります。そして2つ目は新卒のような働きを期待できる点にあります。新卒の魅力は、長く働いてもらうことによって、将来的に会社の中枢を担うような存在になり得る点にあり、第二新卒の場合でもそれと同程度の時間を働いてもらえることになりますので、これが大きな魅力となっているのです。

ネットショップで知った会社に新卒で就活してみました

インターネット大好きでオンラインショッピングも大好きな新卒の私が就活先に選んだのは、自分がよく買い物するオンラインショップなどのオンラインショップを運営している会社ばかりです。私は普段買い物専門なので詳しいことは分かりませんが、何度となく色々なサイトで買い物していますから、新しい商品をアップしたり、セールやキャンペーンを企画したり、さらにそれを受注して発送したり、在庫管理が必要といったことは何となく分かります。オンラインショップは店舗運営費や人件費等が嵩まない分、安く買えるというので、どのくらいの人材が関わっているのかは分かりませんが、ショッピング好きなうえ、オンラインサイトを見るとワクワク楽しくなる私にとっては、楽しい職場なのではないかという単純な動機で就活先に選んだのです。でも、それってけっこう大切なことだったらしく、実際にヘビーユーザーとして様々なショップで買い物している経験や、こんな風だったら買い物しやすいのにとか、もっと買いたくなるのにという消費者目線で考えられる人は、オンラインショップを運営している会社では、けっこう欲しい人材みたいです。Webの知識なんてほとんどない私ですが、面接で日頃オンラインショッピングをしながら感じている事を基に、もっとこうしたいからこの企業に入りたい的な話をしたら、「よく知っているね。」とか「なるほど。」なんて感心されることが多かったのです。新卒で何も知らないとしても、消費者目線やユーザー目線を持ちながら、こうしたほうがいいといった提案力を持っていたのが、採用された決め手の1つになっているかもしれません。応募企業を選ぶ際は、いつも自分が買い物をしているショップから、その運営会社のコーポレートサイトへとアクセスし、その採用情報のページを覗いてみました。大手はもちろん割と小さな会社でも、外部の就活サイトのエントリーページから応募するケースが多いのですが、登録しているサイトだとエントリーシートをイチから作り上げる手間が省けるので、応募にかける時間が短縮できて効率的でした。もちろん、応募先企業に合わせて志望動機を変えるなど、多少の手直しはしますが、学歴やバイト歴などいちいち書き直す必要がありません。手間が省ける分、志望動機をしっかり書けたり、面接に向けての準備を整えられるので、助けられると思います。面接ではオンラインショップがいかに好きかや、それを仕事にして頑張るうえでモチベーションが保ちやすく、売れるためのアイディアもどんどん出していけそうだということもアピールした結果、バンバン内定をもらえました。

web関連企業に新卒で賢く就活する方法

web関連企業に新卒の方が就活するには、まずは情報収集から始めます。web関連企業は小規模な会社では即戦力を求めていることもあり、新卒採用を行っていないケースもあります。効率的に就活をするには、新卒向けの就職支援サイトでweb関連企業を指定したり、web関連企業専門のサイトでターゲットを絞りこむのがベストです。専門サイトに詳しい履歴書や希望を登録しておくと、通常は中途採用しか募集していない企業の採用人数が1人とか2人という希少な求人を優先的に紹介してもらえたり、企業のほうからスカウトメールを受けられたりすることもあり、メリットがあります。優先的に求人紹介やスカウトメールを受け取るには、登録時の内容をしっかりコダワリを持って書いておくのが望ましいです。数多くの学生が登録している中で選ばれるには、単に大学名や学歴などで抽出しているのではなく、登録した履歴書の中身までチェックされているのが一般的なためです。学生さんの場合は、これまでの職務経歴というのはほとんどなく、アルバイトの経験有りという方がほとんどだと思います。また、アルバイトとしてWeb関連の仕事をする方は稀なので、書くべきことがないと思われるかもしれません。ですが、人生経験で無駄なことはほとんどありません。たとえば、ファーストフードで接客をしたなら、コミュニケーションスキルが養えるでしょうし、コンビニで検品や品出しをして管理の知識やノウハウを得たとアピールすることもできます。Web関連事業でもクライアントとの打ち合わせや提案、制作メンバーとの協同作業のためにコミュニケーション力は必須です。また、納期に向けて制作を行うには管理の経験なども大切です。アルバイトでもリーダーに指名されて同僚をまとめた経験があるなら、そういったまとめ役としての能力もアピールできます。そのため、学生時代に自分が行ったことを振り返って、何が身に付いているのか再確認しましょう。もちろん、Web関連の資格やスキルなどを既に身に着けているのであれば、それを書き、作品などを見せられる環境があればURLなども記載しておきます。このように自分をしっかりピーアールすることで、希望に合致する求人と出会えるチャンスが増えていくのです。実際に応募したら、面接での自己ピーアールが大切になります。日本人はどうしても自分を謙遜しがちな人が多いですが、自分が会社にとって必要な人材かを判断する場です。自分がどのように会社の役に立てるのか、積極的にアピールするのが新卒就活の成功への道です 。